美肌菌を増やすことがハリツヤ肌への近道!

若い女性の横顔

NHKの「美と若さの新常識」などで放送されたこともあって、「美肌菌」という言葉が一般に広く知られるようになってきましたね。

そしてコスメの世界にも「美肌菌化粧品」というものが増えてきました。
美容に関心のあるあなたなら、きっとご存知なのではないでしょうか?

「美肌菌」とはその名前のとおり、お肌を美しくしてくれる菌のこと。
でも「菌」って聞くと、ちょっと尻込みしてしまうという人も多いかもしれません。

「お肌に菌がいるってどういうこと?」

清潔好きな方ならそんなふうに思われるかも分かりませんね。

そこでこの記事ではまず「美肌菌」を理解するために、「美肌菌」と同じジャンルに属する「腸内細菌」の解説から始め、次いで「美肌菌」とは何なのか?そして「美肌菌」を増やす化粧品とはどういうものなのか?

そういった点についてご紹介していきたいと思います。

腸内細菌・腸内フローラとは?

肌を含めわたしたちの身体にはたくさんの菌が住みついています。
一番有名なのは「腸内細菌」ではないでしょうか。

「腸内細菌」ではピンとこないという人でも、「腸内フローラ」という言葉には聞き覚えがあるという方が多いでしょう。

「腸内細菌」というのは腸の中に住みついている細菌のこと。

「腸内細菌」には後述するようないくつかの種類があるのですが、細菌がその種類ごとにいくつも塊りを作って存在している姿が、まるで花畑のように見えることから、これを「腸内フローラ」と呼ぶようになったんです。

腸内細菌は大きく「善玉菌」、「悪玉菌」、「日和見菌」の3種類に分けられます。

その名前どおり、体にとって良い働きをするのが「善玉菌」、悪い働きをするのが「悪玉菌」、時と場合によって体に良い働きをしたり悪い働きをしたりと立場を変えるのが「日和見菌」です。

「善玉菌」の代表選手は、ビフィズス菌をはじめとした乳酸菌群。

食物繊維やオリゴ糖などを食べて酸性物質を作り出し、腸内を酸性に保つことで悪玉菌の増殖を抑えるとともに、腸の運動を活発にする働きをしているんです。

「悪玉菌」には大腸菌(有毒株)、「日和見菌」には連鎖球菌などがあります。

皮膚常在菌とは?

「皮膚常在菌」というのは、皮膚に住みついている菌のことです。
「腸内細菌」と同様に「善玉菌」、「悪玉菌」、「日和見菌」の3種類が存在しています。

「美肌菌」というのはもちろん「善玉菌」のことで、具体的には「表皮ブドウ球菌」のことを言います。

「表皮ブドウ球菌」は汗や皮脂をエサにして、天然のクリームである保湿成分「グリセリン」や、お肌を弱酸性に保つ「脂肪酸」を作り出します。

「グリセリン」は肌の表面を覆い、お肌のバリア機能を高める働きをします。

また「脂肪酸」によって肌が弱酸性に保たれることで、悪玉菌の繁殖が抑えられるんですよ。

皮膚常在菌の「悪玉菌」の代表選手は「黄色ブドウ球菌」。

けがをした傷口をきちんと手当てしないでおくと、化膿して黄色い膿が出てきますよね。
あれが「黄色ブドウ球菌」です。

「日和見菌」の代表選手は「アクネ菌」。
これはニキビの原因菌ということで有名な菌ですよね。

ただし「日和見菌」というとおり、肌の常在菌が「善玉菌」優位で肌が弱酸性に保たれている時は、「表皮ブドウ球菌」と一緒に肌を弱酸性にする成分を作るなど、肌のために良い働きをしているんです。

ところが、様々な要因で毛穴が詰まると、毛穴の中で増殖して炎症を引き起こし、それがニキビの原因になるんですね。

美肌菌を減らす行為・増やす行為

このように肌の上で美肌菌が優位な状態になっていると肌は自然にバリア機能が高まり、美しく保たれるようになっているんです。

ですから美肌を目指すためには、普段から美肌菌を減らすような行為を慎み、美肌菌を増やすような行為を心がけるようにしたいものです。

美肌菌は肌の角質層に存在しています。
このため、

  • 過度な洗顔(頻回の洗顔・強い洗顔料の使用)
  • 長時間の入浴
  • ピーリング

などは美肌菌を減らしてしまいます。

逆に、

  • 適度な運動
  • 良質な睡眠

などは美肌菌を増やします。

美肌菌を増やして美肌菌優位な状態をキープし、自然な美肌を目指したいですね。

美肌菌化粧品には2種類ある

最近は「美肌菌化粧品」を標榜するコスメが増えてきました。
ホームページ上に「美肌菌を配合しています」と書いてある化粧品もありますね。

しかし実は「美肌菌化粧品」には2つの種類があるんです。

ひとつは乳酸菌やオリゴ糖など、肌の美肌菌のエサになる成分を配合し、それによって肌の美肌菌を増やそうというもの。

もうひとつは、自分の肌から「美肌菌」を採取し、それを培養して増やし、化粧品の中に配合したものです。

後者の化粧品はその開発者である皮膚科医の出来尾格先生が、「美肌菌戻し法」化粧品と呼んでいます。

前者は一般的な化粧品と同じ感覚で購入・使用することができますが、「美肌菌戻し法」化粧品の方は、購入の際に自分の肌から美肌菌を採取するというひと手間が必要になります。

より手軽に美肌菌化粧品を試してみたいという方には、前者の美肌菌のエサになる成分を配合したものを、ひと手間をかけても直接自分の美肌菌を肌に戻したいという方には後者の「美肌菌戻し法」化粧品がおすすめです。

化粧品に頼らず美肌菌を増やすには?

上述のように美肌菌を増やす行動としては、

  • 適度な運動
  • 良質な睡眠

などがありますが、どちらも美肌菌が増えるまで長期的なスパンで考える必要があります。

より効果的に美肌菌を増やすには、これも上述した「美肌菌化粧品」を使うのが一番ですが、化粧品には頼りたくないという人には、さらに手軽に美肌菌を増やす方法として「ヨーグルトパック」というものがあります。

「美肌菌戻し法」化粧品の産みの親である出来尾格先生が考案された方法で、ヨーグルトの上澄み(ホエイ)をフェイスマスクに吸収させてパックをするというものです。

ヨーグルトとフェイスマスクがあれば簡単にできるので、まずはヨーグルトパックで美肌菌を増やす経験をしてみるのも良いかと思います。