スキンケアの基礎の見直しがハリツヤ肌への近道!

スキンケア用品

ハリツヤ肌を実現するために、毎日のスキンケアを一度見直してみませんか?

朝と夜それぞれの正しいスキンケアの順番を再確認し、クレンジングを初め正しいスキンケアの仕方をご紹介します。

正しいスキンケアの順番

まず最初に夜のスキンケアの順番を再確認しておきましょう。

  1. クレンジング
  2. 洗顔
  3. 化粧水
  4. 美容液
  5. 乳液・クリーム

というのが、一般的な夜のスキンケアの順番ですね。

クレンジングはメイクの油分の汚れを落とすもの。
洗顔はクレンジングでは落とせないホコリや皮脂汚れを落とします。

クレンジング・洗顔で失われた肌の水分を補給するのが化粧水。
さらに肌悩みに応じた美容成分を補うのが美容液ですね。

化粧水・美容液で補った水分・美容成分が蒸散しないように、フタの役割をするのが乳液・クリーム。
また油分の補給も乳液・クリームの目的のひとつです。

マスクや美容オイルなどのスペシャルケアをする場合は、その商品の使用方法に従うことが基本ですが、特別な記載がない場合は洗顔後の清潔な肌の時に行いましよう。

美容液を複数使っている場合は、水分の多いもの(サラっとしたテクスチャーのもの)から油分の多いもの(とろみの強いテクスチャーのもの)の順でつけるのが基本です。

夜のスキンケアの順番の基本を押さえたら、次は朝のスキンケアの順番です。

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 美容液
  4. 乳液・クリーム
  5. UVケア

というのが、一般的な朝のスキンケアの順番です。

夜のスキンケアとの違いは最初の「クレンジング」がないこととと、最後にUVケアが加わることですね。

クレンジングはメイクを落とすものなので、メイクをしていない朝は必要ありません。

時々、毛穴に詰まった汚れ等を落とすために朝の洗顔にクレンジング料を使用するという方がいますが、クレンジングでは毛穴汚れは落ちません。

クレンジング料は肌への負担が大きいものなので、ハリツヤ肌のためには逆効果になってしまいますよ。

そして朝のスキンケアで忘れてはならないのがUVケア。

人の肌の老化は、その80%が紫外線の影響による「光老化」だと言われています。

紫外線が肌に与える悪影響がいかに大きいかが分かると同時に、UVケアの必要性が分かる数字でもありますね。

朝のスキンケアは必ずUVケアまでと心得ましょう。

正しいクレンジングの仕方

クレンジングは毎日行うスキンケアの中で、最も肌への負担が大きいケアです。
しかしメイクの油性汚れを落とすためにはクレンジングは無くてはならないもの。

せめて肌へのダメージを最小限にしながら、クレンジングをしたいものですね。

クレンジング料は肌へのダメージになるからと、少ない量でクレンジングをするのはNG。

クレンジング料を少なくしたために、クレンジングにかける時間が長くなってしまったらかえって肌への負担が大きくなってしまいます。

クレンジング料はたっぷり使い、その代わり短時間でクレンジングを終わらせるようにするのが正解です。

またクレンジング料とメイクをなじませるときは、指の腹で円を描くようにやさしくなじませましょう。

指で肌を動かすほど力を入れるのはダメですよ。

正しい洗顔の仕方

「スキンケアの基本は洗顔」と言われるほど、洗顔は大切なものです。

高価な化粧水や美容液を使ったとしても、肌の表面に古い角質が溜まり、毛穴に汚れが詰まっているようでは美容成分が浸透しませんよね。

洗顔で古い角質や皮脂汚れなどをしっかり取り除くことが、その後のスキンケアの入りを良くし、ひいては美容成分の効果を最大限に引き出すことにつながるんですよ。

洗顔の一番のポイントは、指ではなく「泡で洗う」こと。
指で肌を擦るのではなく、泡で肌をマッサージするようにやさしく洗うことが重要です。

そのためには最初に洗顔料をしっかり泡立てることが大切。
洗顔料を泡立てるのが苦手、面倒という人は、泡立てネットを使うといいですよ。

洗顔料を選ぶ際のポイントは「洗浄力」。

使ってみて肌がつっぱるようなら洗浄力が強すぎます。
逆に肌のベタつきが気になるようであれば洗浄力が弱すぎる証拠。

自分の肌に合った適度な洗浄力のあるものを選びましょう。

正しい化粧水のつけ方

化粧水の役割は洗顔後の肌に水分を補給することです。

洗顔後の肌は水分が蒸散しやすい状態になっています。
そのまま放っておくと肌は乾燥してしまうため、化粧水で水分を補給してあげるわけですね。

化粧水をつける際は手でつけるやり方と、コットンを使ってつけるやり方があります。

コットンを使うと肌に均一に化粧水をつけることができる反面、コットンと肌との摩擦によるダメージが気になります。

手でつける場合と比べて化粧水の使用量は多くなってしまいますが、摩擦を無くするためにはコットンがヒタヒタになるくらい、化粧水をたっぷり含ませるようにしましょう。

手でつける場合も顔全体まんべんなく化粧水が行き渡るようにつけます。
乾燥が気になる目もとや口もとなどには重ね付けを。

最後にハンドプレスでしっかり成分を浸透させましょう。

正しい美容液のつけ方

化粧水が主に肌に水分を補給するものであるのに対し、美容液は様々な肌の悩みに応じた美容成分を補うものです。

美容液には、美白ケア、シミケア、ハリケアなど様々なものがあります。
自分の肌悩みに応じたものを選びますが、悩みが複数にわたる場合は2つまでに絞って選ぶようにしましょう。

そして、朝と夜に分けて使うようにするのがおすすめです。

肌の生まれ変わりは1ヶ月単位なので、使ってすぐに効果が見られなくても最低でも1ヶ月は使い続けたいところですね。

美容液もケチらずにたっぷり使うようにしましょう。

手のひらで美容液を広げ、顔の中心から外側に向かってやさしく広げます。
化粧水と同様に最後にハンドプレスで成分をしっかり浸透させましょう。

正しい乳液・クリームのつけ方

乳液・クリームの役割は主として肌に油分を補うことと、化粧水や美容液の成分が外に逃げないようにする「フタ」の役目があります。

つけ方は化粧水・美容液と同様ですが、脂性肌の人はTゾーンには少なめにつけるようにすると良いでしょう。

また朝はメイクをするため、夜の乳液・クリームとは違うタイプのものを使うのもおすすめですよ。

正しいUVケアの仕方

朝のスキンケアで最も重要であると言っても過言ではないのがUVケアです。

上述のとおり、人の肌の老化の80%は紫外線の影響による「光老化」です。
しっかりUVケアを行って、美肌をキープしたいですね。

地上に届く紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類があります。
そして紫外線を防ぐ効果の強さを表すのがSPFとPAです。

SPFというのはSun Protection Factorの略で、UV-Bを防ぐ力をあらわしています。
一番効果の高いものは「SPF50+」です。

一方のPAはProtection Grade of UVAの略で、UV-Aを防ぐ力をあらわしています。
こちらの一番効果の高いものは「PA++++」です。

日常生活で使うものは、「SPF20」、「PA+」程度のもので大丈夫ですが、海水浴や山のレジャーなど、紫外線が強く降り注ぐ場所では「SPF50+」、「PA++++」の一番効果の高いものを使いましょう。

また日焼け止めクリームは十分な量をムラのないように伸ばし、さらに2~3時間おきに塗り直すことが重要です。

最近は「飲む日焼け止めサプリメント」というものも出ているので、日焼け止めクリームと併用してもいいかもしれませんね。

食事・運動・睡眠の見直しがハリツヤ肌への近道!

眠る女性

ハリツヤ肌を目指すためには、

  • バランスの取れた食事
  • 適度な運動
  • 良質な睡眠

が欠かせません。

普段の「食事」、「運動」、「睡眠」を見直して、美肌菌を増やしましょう!

バランスの取れた食事

バランスの取れた食事とは、三大栄養素である「炭水化物」、「脂質」、「たんぱく質」をバランスよく摂取すること。

さらに三大栄養素の代謝のために必要な「ビタミン」、「ミネラル」、そして腸内細菌のエサになる「食物繊維」をバランスよく摂取することです。

良質なたんぱく質を摂ろう

人の体を作っているのは「たんぱく質」です。
良質なたんぱく質を摂取することは健康な体、ひいてはハリツヤ肌を作るためにはとっても大切なこと。

しかし最近の若い女性に多い食事パターンとして、パスタやパン、おにぎりなどの、コンビニでかんたんに手に入るもので昼食を済ませることが多いようです。

でもパスタ・パン・おにぎりというのはすべて「炭水化物」。

炭水化物に偏り、たんぱく質が不足した食生活を送っていると、肌の老化が進んでしまいます。

少なくとも1日1回はたんぱく質をしっかり摂りたいですね。

良質なたんぱく質がたくさん含まれる食べ物には、

  • 牛肉・豚肉・鶏肉
  • 魚類
  • 卵・魚卵
  • 納豆
  • 豆腐
  • チーズ
  • ヨーグルト

などがあります。

毎日100gの摂取を目指しましょう。

ビタミンACE(エース)を摂ろう

ビタミンA・C・Eには「抗酸化作用」=「老化の原因になる活性酸素の働きを抑える働き」をもつ栄養素がたくさん含まれています。

緑黄色野菜に多く含まれるこれら3つのビタミンのことを、「ビタミンACE(エース)」と呼んでいるんですよ。

ビタミンAがたくさん含まれる食べ物には、

  • ブロッコリー
  • ホウレンソウ
  • ニンジン
  • カボチャ
  • パプリカ
  • チンゲンサイ
  • 小松菜

ビタミンCがたくさん含まれる食べ物には、

  • カリフラワー
  • ブロッコリー
  • パプリカ
  • レンコン
  • キャベツ
  • ピーマン
  • ジャガイモ

ビタミンEがたくさん含まれる食べ物には、

  • アーモンド
  • アボカド
  • カボチャ
  • モロヘイヤ

などがありますよ。

適度な運動

適度な運動が健康のために良いということは、異論はないところでしょう。

運動することによってダイエットになることはもちろん、体の代謝が上がることで血流が改善され、さらにストレス発散とメンタル面でも良い効果が期待できます。

これらの効果の中でハリツヤ肌への近道となるのは「代謝アップ」。

運動することで成長ホルモンの分泌が高まり、それが肌の代謝アップにつながるんですね。

代謝がアップするということは、肌のターンオーバーが促進されるということ。
ターンオーバーの促進はくすみやシミの改善につながりますね。

また「ストレス発散」もハリツヤ肌への近道です。

運動することで「セロトニン」という気持ちを落ち着かせる物質が分泌され、それがストレス発散につながるんですね。

ストレスが発散されると自律神経が正常化され、またホルモンバランスも正常化されます。

また「セロトニン」がしっかり分泌されると、次にご紹介する「良質な睡眠」にもつながります。

良質な睡眠は成長ホルモンの分泌促進につながり、最初に書いた肌の代謝アップにもつながるわけですね。

ウォーキング

適度な運動の代表選手は有酸素運動であるウォーキングでしょう。
できれば1回20分、週3回程度を目指したいですね。

なかなかまとまった時間が取れない時は、日常生活の中で工夫してみましょう。

  • 通勤時、駅まで早足で歩く
  • 1駅前で降りて会社まで歩く
  • できるだけ階段を使う

などで、運動効果が得られますよ。

ウォーキングが楽にこなせるようになってきたら、ジョギングに挑戦するのもいいですね。

また膝などが悪い人は、膝に負担がかからないプールでの水中ウォーキング、水泳などもおすすめですよ。

筋トレ

ウォーキングなどが有酸素運動と呼ばれるのに対し、筋力トレーニングは無酸素運動と呼ばれます。

短時間に瞬発的な力を出す運動が無酸素運動です。

筋トレで筋肉が増えると体の基礎代謝が高まり、ダイエットや肌の代謝にもつながります。

また成長ホルモンの分泌促進にもつながりますよ。

「過度」な運動は逆効果に

上述した「適度」な運動はハリツヤ肌への近道になりますが、「過度」な運動はハリツヤ肌には逆効果。

体の老化の原因になる活性酸素の発生をまねきます。

あくまでも「適度」な運動が大切。
気持ちよく行える運動を心がけましょう。

良質な睡眠

睡眠不足が肌荒れをまねくというのは、誰にでも経験があることではないでしょうか。

昼間の活動で体に生じた様々なダメージは、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって修復されます。

しっかり睡眠をとらないと成長ホルモンがしっかり分泌されず、体のダメージが修復されないために肌荒れへとつながるわけですね。

成長ホルモンは眠りについてから3~4時間の間に、特にたくさん分泌されます。

以前は午後10時から午前2時の間が最も成長ホルモンが分泌される時間帯だと言われていましたが、時間帯ではなく、眠り始めの最初の4時間が大切と憶えましょう。

良質な睡眠のために、ベッドに入ってからスマホは厳禁。

SNSをチェックするという人も多いのではないかと思いますが、スマホやパソコンの画面から出るブルーライトは睡眠を妨げることが分かっています。

寝る少し前から照明を暗めにし、ベッドに入ったらスマホの電源はオフ!
照明も落として眠るようにしましょう。

人の体は体温が下がってくると眠くなるようにできています。

眠る2時間前くらいまでにお風呂に入ることで、寝る時間には体温が下がってくることになって眠りやすくなりますよ。

逆に寝る直前に熱いお湯に入るのはNG行為。
睡眠の妨げになってしまいます。

寝る時にリラックス効果のあるアロマオイルを使うのも良いですね。
ラベンダーの香りが良いと言われますが、自分の好みの香りが一番ですよ。

美肌菌を増やすことがハリツヤ肌への近道!

若い女性の横顔

NHKの「美と若さの新常識」などで放送されたこともあって、「美肌菌」という言葉が一般に広く知られるようになってきましたね。

そしてコスメの世界にも「美肌菌化粧品」というものが増えてきました。
美容に関心のあるあなたなら、きっとご存知なのではないでしょうか?

「美肌菌」とはその名前のとおり、お肌を美しくしてくれる菌のこと。
でも「菌」って聞くと、ちょっと尻込みしてしまうという人も多いかもしれません。

「お肌に菌がいるってどういうこと?」

清潔好きな方ならそんなふうに思われるかも分かりませんね。

そこでこの記事ではまず「美肌菌」を理解するために、「美肌菌」と同じジャンルに属する「腸内細菌」の解説から始め、次いで「美肌菌」とは何なのか?そして「美肌菌」を増やす化粧品とはどういうものなのか?

そういった点についてご紹介していきたいと思います。

腸内細菌・腸内フローラとは?

肌を含めわたしたちの身体にはたくさんの菌が住みついています。
一番有名なのは「腸内細菌」ではないでしょうか。

「腸内細菌」ではピンとこないという人でも、「腸内フローラ」という言葉には聞き覚えがあるという方が多いでしょう。

「腸内細菌」というのは腸の中に住みついている細菌のこと。

「腸内細菌」には後述するようないくつかの種類があるのですが、細菌がその種類ごとにいくつも塊りを作って存在している姿が、まるで花畑のように見えることから、これを「腸内フローラ」と呼ぶようになったんです。

腸内細菌は大きく「善玉菌」、「悪玉菌」、「日和見菌」の3種類に分けられます。

その名前どおり、体にとって良い働きをするのが「善玉菌」、悪い働きをするのが「悪玉菌」、時と場合によって体に良い働きをしたり悪い働きをしたりと立場を変えるのが「日和見菌」です。

「善玉菌」の代表選手は、ビフィズス菌をはじめとした乳酸菌群。

食物繊維やオリゴ糖などを食べて酸性物質を作り出し、腸内を酸性に保つことで悪玉菌の増殖を抑えるとともに、腸の運動を活発にする働きをしているんです。

「悪玉菌」には大腸菌(有毒株)、「日和見菌」には連鎖球菌などがあります。

皮膚常在菌とは?

「皮膚常在菌」というのは、皮膚に住みついている菌のことです。
「腸内細菌」と同様に「善玉菌」、「悪玉菌」、「日和見菌」の3種類が存在しています。

「美肌菌」というのはもちろん「善玉菌」のことで、具体的には「表皮ブドウ球菌」のことを言います。

「表皮ブドウ球菌」は汗や皮脂をエサにして、天然のクリームである保湿成分「グリセリン」や、お肌を弱酸性に保つ「脂肪酸」を作り出します。

「グリセリン」は肌の表面を覆い、お肌のバリア機能を高める働きをします。

また「脂肪酸」によって肌が弱酸性に保たれることで、悪玉菌の繁殖が抑えられるんですよ。

皮膚常在菌の「悪玉菌」の代表選手は「黄色ブドウ球菌」。

けがをした傷口をきちんと手当てしないでおくと、化膿して黄色い膿が出てきますよね。
あれが「黄色ブドウ球菌」です。

「日和見菌」の代表選手は「アクネ菌」。
これはニキビの原因菌ということで有名な菌ですよね。

ただし「日和見菌」というとおり、肌の常在菌が「善玉菌」優位で肌が弱酸性に保たれている時は、「表皮ブドウ球菌」と一緒に肌を弱酸性にする成分を作るなど、肌のために良い働きをしているんです。

ところが、様々な要因で毛穴が詰まると、毛穴の中で増殖して炎症を引き起こし、それがニキビの原因になるんですね。

美肌菌を減らす行為・増やす行為

このように肌の上で美肌菌が優位な状態になっていると肌は自然にバリア機能が高まり、美しく保たれるようになっているんです。

ですから美肌を目指すためには、普段から美肌菌を減らすような行為を慎み、美肌菌を増やすような行為を心がけるようにしたいものです。

美肌菌は肌の角質層に存在しています。
このため、

  • 過度な洗顔(頻回の洗顔・強い洗顔料の使用)
  • 長時間の入浴
  • ピーリング

などは美肌菌を減らしてしまいます。

逆に、

  • 適度な運動
  • 良質な睡眠

などは美肌菌を増やします。

美肌菌を増やして美肌菌優位な状態をキープし、自然な美肌を目指したいですね。

美肌菌化粧品には2種類ある

最近は「美肌菌化粧品」を標榜するコスメが増えてきました。
ホームページ上に「美肌菌を配合しています」と書いてある化粧品もありますね。

しかし実は「美肌菌化粧品」には2つの種類があるんです。

ひとつは乳酸菌やオリゴ糖など、肌の美肌菌のエサになる成分を配合し、それによって肌の美肌菌を増やそうというもの。

もうひとつは、自分の肌から「美肌菌」を採取し、それを培養して増やし、化粧品の中に配合したものです。

後者の化粧品はその開発者である皮膚科医の出来尾格先生が、「美肌菌戻し法」化粧品と呼んでいます。

前者は一般的な化粧品と同じ感覚で購入・使用することができますが、「美肌菌戻し法」化粧品の方は、購入の際に自分の肌から美肌菌を採取するというひと手間が必要になります。

より手軽に美肌菌化粧品を試してみたいという方には、前者の美肌菌のエサになる成分を配合したものを、ひと手間をかけても直接自分の美肌菌を肌に戻したいという方には後者の「美肌菌戻し法」化粧品がおすすめです。

前者の美肌菌のエサになる成分を配合した化粧品のひとつに、「レヴィーガ モイスチュアセラム」があります。

「レヴィーガ モイスチュアセラム」には、

  • フェカリス菌
  • BIOECOLIA(α-グルカンオリゴサッカリド/グルコオリゴ糖)
  • 乳酸菌代謝産物(乳酸桿菌/ワサビ根発酵エキス)

の3種類の「美肌菌のエサ」になる成分が配合されています。

レヴィーガ モイスチュアセラムの成分と効果

上記サイトでは「レヴィーガ モイスチュアセラム」の使用体験談も掲載されていて、美肌菌化粧品を使ってみたいという人にはとっても参考になると思いますので、ぜひ一度ご覧になってみてくださいね。

化粧品に頼らず美肌菌を増やすには?

上述のように美肌菌を増やす行動としては、

  • 適度な運動
  • 良質な睡眠

などがありますが、どちらも美肌菌が増えるまで長期的なスパンで考える必要があります。

より効果的に美肌菌を増やすには、これも上述した「美肌菌化粧品」を使うのが一番ですが、化粧品には頼りたくないという人には、さらに手軽に美肌菌を増やす方法として「ヨーグルトパック」というものがあります。

「美肌菌戻し法」化粧品の産みの親である出来尾格先生が考案された方法で、ヨーグルトの上澄み(ホエイ)をフェイスマスクに吸収させてパックをするというものです。

ヨーグルトとフェイスマスクがあれば簡単にできるので、まずはヨーグルトパックで美肌菌を増やす経験をしてみるのも良いかと思います。